アルミサッシが腐食する原因は?補修方法をご紹介|ドア、建具の修理・交換8千円~&親切丁寧|建具交換修理110番

建具の豆知識

アルミサッシが腐食する原因は?補修方法をご紹介

アルミサッシが腐食する原因は?補修方法をご紹介

 

アルミニウムはサビに強く丈夫な素材であるため、住宅の中でもよく使用されています。そのため、アルミサッシが錆びる心配はないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?実は手入れをあまりしていないアルミサッシは長年使用すると腐食が進み、サビが発生する可能性があるのです。

 

今回はアルミサッシが腐食する原因をご紹介します。アルミサッシの補修方法を理解しておくことで、速やかに対処することができるでしょう。

 

 

 

 

アルミサッシにできる白い点々は腐食が原因

アルミサッシを長年使っていると、所々に粉を吹いたような白い点々が発生することがあります。この白い点々はアルミが錆びることによって発生したものです。サビと言えば赤茶色のガサガサとしたものをイメージする方が多いですが、金属の性質によってサビの形状は異なります。

 

アルミに発生にするサビは一般的に腐食と呼ばれています。腐食とは、金属が錆びることや腐ったりすることを指しますが、鉄サビとアルミのサビは性質が異なるため、腐食と呼ばれることが多いのです。

 

アルミサッシに発生する腐食の症状は白い点々の発生だけでなく、表面の塗装が浮き上がることや、ツヤがなくなるといったものもあります。アルミサッシは外の気温との温度差やホコリ、結露などが発生しやすい箇所です。そのため、適切な手入れをおこなう必要があります。

 

 

 

アルミサッシが腐食する原因とは?

アルミサッシが腐食する原因とは?
アルミサッシが腐食する主な原因は汚れの付着によるものです。ホコリやチリ、すす、排気ガス、砂、潮風などが付着することで腐食が発生します。アルミニウムは他の材質に比べるとサビに強いのが特徴です。しかし汚れの付着を放置していると、大気中の湿気や雨によって腐食性水溶液となり、サビの発生に繋がるのです。

 

工事中にモルタルやセメント液などの強アルカリ性の溶剤がアルミニウムの表面に付着した場合もサビの発生が起こります。海水などの塩分が多量に含まれた砂がモルタルに使用されている場合はとくに注意しなくてはいけません。他の金属とアルミニウムが直接接触するのも原因の1つです。
これらが接触を起こすと微弱な電流が接触面に発生します。長時間接触が続いてしまうとサビの原因になるのです。

 

アルミサッシの周囲に木材が使用されている場合も腐食する恐れがあります。木材は水分を含む性質があるため、アルミと接している部分の湿度が高くなることで腐食性水溶液が発生し、腐食を引き起こす原因になるのです。

 

ガスによる腐食にも気を付けなくてはいけません。給湯器から出る排気ガスがアルミニウスサッシにかかってしまうと錆びてしまう恐れがあります。ガスに含まれる硫黄酸化物や窒素酸化物が雨水と反応することで、腐食や塗膜が起きてしまいます。

 

 

 

腐食したアルミサッシを補修する方法

 

1.腐食した部分を削り取る

まずは腐食が発生した部分を取り除く必要があります。取り除く際には、水研ぎ用の紙やすりを使用すると良いでしょう。紙やすりを使い表面を削っていきますが、紙やすりの目の粗さはいくつかの種類があるため、目の粗い300番から順にやすりがけをおこなうようにしましょう。

 

2.錆び止材を塗布する

腐食した部分を削った後はアルミ用の錆び止材を塗布していきます。錆び止材に含まれる成分は金属ごとに異なるため、アルミ用の物を使用するよう気を付けましょう。アルミ用の錆び止材はホームセンターなどで販売されているため手軽に入手することができます。

 

3.塗装

塗装をおこなう際は、周囲の色と合わせるようにしなくてはいけません。アルミサッシなどは、表面にアルマイト加工という特殊な加工が施されています。そのため普段目にするアルミサッシの色は、アルミ本来の色ではないのです。アルミを削っていくと地の部分が露出され、白っぽくなります。

 

アルミを塗装する場合は色を合わせるだけでなく、質感も合わせる必要があるので、とても難しい作業になります。自力で行うことが心配な方は業者に依頼するようにしましょう。
塗装が済んだら補修面を保護しツヤを出すためにクリア塗装をおこなうと良いです。

 

 

 

錆びるのを防ぐためにはこまめな手入れが大切

錆びるのを防ぐためにはこまめな手入れが大切
アルミサッシが錆びるのを防ぐためにはこまめな手入れが重要です。手入れは基本的に水洗いでおこないます。アルミサッシの溝に汚れが詰まっている場合は、歯ブラシなどで溝の両端へと掃き出した後にしっかりと水洗いをおこないましょう。汚れが落ちない場合は中性洗剤を水に少し含ませ、軽く洗い流してください。

 

湿気の影響でアルミサッシのガラスに水滴が付いている場合は新聞紙で拭き取ると良いです。新聞紙に使用されているインクがワックスの役割を果たすため汚れが綺麗に取れます。

 

しかし、アルミニウムの表面は新聞紙でこすらないようにしてください。表面が傷つきサビの原因にもなりかねません。アルミニウムを磨く際は研磨剤の入っていないワックスを軽く伸ばし、乾いた布で拭くようにしましょう。表面に傷がつく心配がなく、効果も長持ちします。

 

 

 

まとめ

アルミサッシに白い点々が発生している場合は腐食している可能性が高いです。腐食する原因はいくつかあるため、それぞれの原因を理解しておくと良いでしょう。日頃からこまめな手入れをすることで錆びるのを未然に防ぐことができます。

 

アルミサッシが腐食した場合は、補修をおこなう必要があります。作業は自分でもできますが、難易度が高いため注意が必要です。自分でおこなうのが難しいと感じた場合は業者に依頼するようにしましょう。

0800-805-8163 24時間365日、日本全国受付対応中!