引戸はバリアフリーにも最適です|ドア、建具の修理・交換8千円~&親切丁寧|建具交換修理110番

建具の豆知識

引戸はバリアフリーにも最適です

最近の住宅では開き戸が一般的に使用されていますが、日本で古くから用いられていた引戸も、最近見直され始めています。
理由は「バリアフリー」に関係しているのですが、実は、バリアフリーの際には開き戸よりも引戸のほうが適している場面が多いのがその理由です。
引戸は開き戸に比べると間口を大きめに取らなければならない部分もありますが、開き戸のようにドアノブをひねる、そのままドアを引っ張る、もしくは押すという動作は、意外と力を使うもので、ご高齢の方、もしくは身体に障害のある方やお子様には辛い動作だと言うこともあります。また、ドアが外側か内側のどちらかに開くので、ドアが動く範囲内にはものを置くことができません。その点開き戸ならその心配はありませんし、開く際にも軽い力で開閉が可能です。開き戸から引戸へのリフォームも行われている事例がありますので、一度ご検討されてはいかがでしょうか。
また、現在すでに取り付けられている引戸は、見た目が古臭い、もしくは古くなって開け閉めしづらいということがありましたら、その部分の修理交換ということも可能です。建具の修理、交換については当サイトにお気軽にご相談ください。

0800-805-8163 24時間365日、日本全国受付対応中!