建具の種類と特徴|ドア、建具の修理・交換8千円~&親切丁寧|建具交換修理110番

建具の豆知識

建具の種類と特徴

建具とは仕切りの総称で、家の中では玄関や窓、部屋と部屋を分けるもの等、住まいにはとても必要な重要なパーツです。建具にはこのように様々な用途があるので、種類も様々あります。今回は種類についてご紹介していきます。
よく使用されているのがドアと言われています。ドアでも丸太を製材した木材を使用し高級品とされているムクドアや、骨組みを作成しその両面にベニヤ板を張り付けるフラッシュドア等があります。引き戸はドアと比べ機能性に富んでおり、使い勝手が容易と言われています。例として障子やふすまがあげられ部屋の印象を変わります。また、クローゼットや部屋の仕切りには折れ戸が用いられることが多いと言われています。ドアの開閉によるスペースをなくすことで空間を有効利用でき、最近では人気が高まっています。折れ戸にもフリータイプと固定タイプ等の種類があるので用途に合わせての使用が可能です。
このように仕切りの用途やデザインによって建具を選ぶことが可能です。もし、建具に関して相談したいことや困ったこと等あるようなら、一度建具交換修理のプロにお問い合わせしてみてください。

0800-805-8163 24時間365日、日本全国受付対応中!