建具の故障で多い事例|ドア、建具の修理・交換8千円~&親切丁寧|建具交換修理110番

建具の豆知識

建具の故障で多い事例

ドアが開きにくくなった、錆びついて開かない、それはもしかしたらドアの建具の故障かもしれません。
建具が故障してしまう事例として多いとされているのが、家具をぶつけてしまう、小さなお子様が壊してしまった、などです。
他にも、建具のネジが緩んでしまいドアの開閉時に建具が取れてしまった、なんてこともあるかもしれません。
ホームセンターなどで販売している修理キットで、ネジの緩みや細かい歪みは調節することも可能ですが、完璧に修理しないと、再発の可能性があります。
もしかしたら、ドアが突然開かなくなってしまい、ペットやお子様が部屋に閉じ込められてしまうことも考えられます。
ご自分で修理しても、すぐにネジが緩んでしまうという方は、経年劣化により建具が劣化している可能性があります。
どれだけ修理していても、経年劣化による建具の劣化は防ぐことが不可能とされていますので、もし修理または交換が必要になったときは、当サイトへ建具の交換のご相談がおすすめです。

0800-805-8163 24時間365日、日本全国受付対応中!