建具の交換をする際はドアの種類を考慮して慎重に選びましょう|ドア、建具の修理・交換8千円~&親切丁寧|建具交換修理110番

建具の豆知識

建具の交換をする際はドアの種類を考慮して慎重に選びましょう

普段暮らしているお住まいには、数々のドアが取り付けられています。何気なく開け閉めしているドアですが、色々な種類があるのはご存知でしょうか。ドアの種類によって開閉方法や開閉に要するスペースが違ってきますので、設置場所にあった建具を選ぶ必要があります。それでは、ドアにはどの様な種類があるのかご紹介していきます。
まずは、「開き戸」です。開き戸タイプの中でも、1枚のドアが開く片開き戸や、2枚の片開き戸が開閉する両開き戸などがあります。主に玄関ドアに取り入られていることが多いです。
次に、「引き戸」です。引き戸には、2枚の引き戸を左右に移動させて開閉させる引違い戸や、1枚もしくは複数枚の戸を左右のどちらかにスライドさせて開閉する片引き扉などがあります。引き戸は扉を前後に開閉させるスペースを取らないため、狭い空間でも取り入れやすいです。
最後に、「折れ戸」です。折れ戸は、扉が中折りして開閉するドアです。開き戸と比べると、開閉スペースは小さいですが、開口部分を全部オープンできないデメリットがあります。トイレや浴室など、狭いスペースの区切る扉として使われることが多いです。
ドアの種類によって開閉方法が異なるため、建具を交換・設置する場所には十分に配慮したいところです。ご紹介した他にも色々な種類がありますので、ドア交換や修理の際にどの種類の扉が良いか迷った場合は、業者に相談してみるのも手ですよ。

0800-805-8163 24時間365日、日本全国受付対応中!