建具のお手入れも忘れずに|ドア、建具の修理・交換8千円~&親切丁寧|建具交換修理110番

建具の豆知識

建具のお手入れも忘れずに

12月に入り、いよいよ今年も終わりが近づいてきたところで気になるのが、毎年恒例大掃除の事です。
お家の中の隅々まで綺麗にしてスッキリとした気持ちで新年を迎えたいものですね。
そんな時に気になるのが、建具のお手入れって何か必要なのか、ということです。皆様、建具のお手入れをしたことはありますか?
今回はそんな建具のお手入れについて見ていきます。

窓周辺・サッシのチェック
レール部分などにカビが生えているときは、早めに綺麗にしておきましょう。結露が溜まったままだといけませんので、定期的に雑巾で吹いてしまうと良いでしょう。
サッシの周りには、壁との隙間を埋めるためのシーリングという部分があります。ここが劣化すると雨漏りの原因になりますので、固くなっていたり、ひび割れていたり、剥がれている場合は修繕が必要です。
また、サッシ自体が曲がっているなどの時は、窓が開かなくなる恐れもあるので、早めに直してもらうようにしましょう。

ドアの取っ手など
手で直接触れるところですから、汚れがついていたらそのままにせず、拭き取るようにしましょう。
ドアノブ類が緩んでいる時は、緩んでいるネジを締め直してあげるとガタツキが直り、故障の芽を摘むことができます。
引き戸などの取っても、外れかけていたり、すでに外れているものは新しいものを取り付けてもらうなどしましょう。

0800-805-8163 24時間365日、日本全国受付対応中!