建て付けが悪いドアのご相談、お待ちしています|ドア、建具の修理・交換8千円~&親切丁寧|建具交換修理110番

建具の豆知識

建て付けが悪いドアのご相談、お待ちしています

色々な建具の中でも、家の中のドアは使用頻度も高い建具の代表例です。
使用頻度が多いということはそれだけ負荷も掛かりやすいということにもなるので、年数を経るごとに少しずつ不調が出てくることもあります。
代表的なのが、ドアの建て付けが悪くなり、開け閉めに支障が出るパターンです。
大抵のドアは蝶番により開閉を行なうことが可能になっていますが、蝶番部分にサビが出たり、取り付けられている箇所から外れかけたりすると、ドアの上部や下部が床面などと擦れて、ドアのがスムーズに動かなくなります。
また、その状態で放置していると、本格的にドアが閉まらない、開かないことにもなりかねませんし、蝶番部分が壊れでもしたら、ドアを引っ張ったり押したりしたときにドアが倒れてしまうかもしれません。
ドアの建て付けが悪くなると、床やドア枠に擦れたような痕が残ることがあります。また、ドアの開け閉めの度に異常音がすることもあります。
もし、建て付けが悪いと感じたら、早めに当サイトへご相談ください。

0800-805-8163 24時間365日、日本全国受付対応中!