ドアや建具を交換する時に意識したいデザインのポイントとは|ドア、建具の修理・交換8千円~&親切丁寧|建具交換修理110番

建具の豆知識

ドアや建具を交換する時に意識したいデザインのポイントとは

ドアのデザインを決める時は、住宅全体との調和を考えると良いでしょう。ドア交換を行うだけでも、日常的に生活する空間の印象が変わります。和風なデザインを選べば落ち着いた雰囲気になりますし、ビビットなカラーのドアを選べばモダンでカジュアルな雰囲気になります。ドアに使われる素材もデザインに影響してきます。落ち着いた色の木調のドアは高級感を演出することができます。そのため、ドアのデザインを決める際は、カタログでドアだけを見比べるのではなく、ドアを交換した時の部屋全体の雰囲気をイメージすることが大切です。部屋に置くインテリアと同じように、部屋全体の色のバランスを考えることが重要になってきます。部屋の中がダーク系の落ち着いた雰囲気なのに、オレンジなどの暖色系のドアを設置すると浮いた印象になってしまいます。ドアは部屋と同系色でまとめて、2~4色程度に抑えると調和の取れた部屋にすることができるでしょう。また建具は長期間使うことも考慮に入れて選ぶと良いでしょう。修理をすることはあっても、10~20年は買い替えることがないものです。そのため建具を交換する時は奇をてらったデザインよりも、長く使うことを考え飽きのこないデザインのドアにすることをおすすめします。

0800-805-8163 24時間365日、日本全国受付対応中!