ドアの建具は定期的に見ておきましょう|ドア、建具の修理・交換8千円~&親切丁寧|建具交換修理110番

建具の豆知識

ドアの建具は定期的に見ておきましょう

室内のドアの建具は、定期的にチェックしておくのがおすすめです。特にドアノブやドアレバーの当たりは、ドアを開け閉めする度に何かしらの力が掛かりますから、どうしても劣化の激しい部分です。ドアレバーやドアノブが外れてしまうと、ドアの開け閉めに支障が出ます。特にトイレやお風呂場のドアというのは、壊れるとそこに閉じ込められてしまう恐れもありますので、少しでもおかしいなと思ったら建具の交換を行う必要があるでしょう。
更に、ドアの蝶番の部分も注意が必要です。蝶番の部分には、ドアの重量がかかり続けますので、いたんだりすり減ると、金属がこすれ合うような音がする場合があります。シリコンスプレーなどの潤滑剤を吹き込むと直ることもありますが、あくまでそれは一時的なものです。場合によっては折れたり外れたりということがありますので、こちらも傷んでいるようなら交換が良いでしょう。
また、忘れがちなのが引き戸の戸車。これもふすまなどの重量により軸がすり減っていたりすると、動きが悪くなる場合が考えられますので、動きが悪いと思ったら、交換を依頼してみると良いでしょう。

0800-805-8163 24時間365日、日本全国受付対応中!