サッシの素材の特徴|ドア、建具の修理・交換8千円~&親切丁寧|建具交換修理110番

建具の豆知識

サッシの素材の特徴

窓の周りを囲むサッシ。あまり目に映ることもなく、特に重要なものでもないから適当なものを選べばいいや、とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。実のところ、サッシにはさまざまな種類のものがあり、特性もものによって大きく異なります。今回は、そんなサッシについて知っていただくために、いくつかの素材とそれらの特徴をご紹介します。
1つ目は木製サッシです。木製のサッシは、高い断熱性を持つために結露の防止に役立つといわれています。一方で、自然素材であるという性質上、塗装の剥がれなどが原因で寿命が比較的短いため、定期的な交換が必要といえるでしょう。
2つ目はアルミサッシです。断熱性は他の素材に比べ低いですが、アルミ素材はとても軽く、コストが安いようです。また、変色が起こりにくく、長寿命という点もアルミの特徴です。
最後にご紹介するのは樹脂性のサッシです。樹脂製の一番の特徴は熱伝導が起こりにくい、つまり断熱性が高い点なので、部屋の温度を保つことに加え、結露防止にも効果的です。また、加工がしやすい素材であるため、色やデザインのバリエーションも豊富です。一方で、強度が比較的弱く紫外線にも弱いという弱点もあります。
現在のサッシには、これらの素材を複合させたものも多く存在するようで、コストと効果のバリエーションも多様であるようです。サッシなどの建具の交換の際にはコストだけではなく、ぜひ素材の特徴にも注目してみてはいかがでしょうか?

0800-805-8163 24時間365日、日本全国受付対応中!